So-net無料ブログ作成
検索選択

断乳の顛末(2008.05.09) [育児]

先日のブログでも書きましたが、このゴールデンウィーク中に智哉さんの断乳に踏み切りましたので、時間軸的には前後しちゃいますが、先に公開しておこうと思います。

まずは初日。5月3日奥さん(はは)が同窓会の出席も兼ねて、実家に泊まりで帰った為、智哉さん生まれて以来、初めてのちちとの二人だけの一夜となりました。奥さんは出掛ける際も、凄く心配というか、心残りといった感じで出発して行きましたが、見送るちちの方が不安があったというのは言うまでもありません。ちゃんと寝てくれるのか、親に似て強情な息子だから、一晩中泣いてしまうんじゃないか、とかいらぬ不安を抱えてのスタートになったのを覚えています。


当の智哉さんは、日中はちちと遊んで、夕方も晩御飯の時間も特に問題無く、ゴキゲンな状況でした。お風呂にも入れて、風呂上りに暫く遊んで・・・さて、眠くなってきた智哉さん、いよいよ本領発揮か!とだんだんとちちの心拍数も上昇してきた感じです。

ベッドに連れて行くと、「ママ、ママ」と連呼して、母親が居ない事をいきなりアピール!ベッドの上で「おっぱい、おっぱい」と蚊の泣くような弱々しい声で泣かれると、ちちとしても凄く辛い。でも、これが智哉さんの成長の越えなきゃいけない大きな壁なんだ!と自分にも、勿論智哉さんにも言い聞かせ続け、泣き喚く智哉さんと格闘すること小1時間、一旦は泣き疲れて眠ってくれました。

実は、これにも複線があって、この断乳開始までの数週間前から、寝る前の授乳時には、「この日からおっぱいはないないしちゃうからね」と散々言い含めていたという事があります。この日も、「この前、約束したでしょ?もうおっぱい無くても寝れるでしょ?」と言うと、一旦は「ウン」と言うのですが、やはり実際に飲めないのはこの日が初めて。やはり大泣きとなってしまいました。それでも、後から思い返しても、こういう事前準備が本当に大事だったんだな~、と強く思います。智哉さんは、結構話をすれば理解してくれる子だと信じているので、単純に「ダメ!」っていうスタイルにしなかったのは良かったと、奥さんにも感謝した次第です。

もっとも、智哉さんはいつも夜中に何回も起きてしまうので、そこからがまた勝負です。夜中(明け方)の4時過ぎにとうとう目が覚めた智哉さん。第二ラウンドの始まりです。最初はそのまま何とか寝てくれないか、と頑張ってみたのですが、無理そうだと断念。仕方ないので、少し遊ばせて、眠気がもう一度戻ってきたら、という形でやってみることにしました。そこから約1時間30分。ちちも眠かったんですが、智哉さんも頑張りましたよ。明るくなってきて、何とか眠くなってきた智哉さんに再度言い聞かせを行い、それでもグズる智哉さんを抱いて何とか眠らせることに成功(疲れていたのかもしれませんが)し、漸く長い断乳初日が終わった次第です。

F1000773.JPG
最近窓際の位置が好きな智哉さん。日中は、特に問題ないような感じなんですよね。


初日の感想は、とにかく疲れた事と、それでも智哉さんは結構大人しく寝てくれた方なのかな~、ってことですかね。寝る前におっぱいが欲しくて、か弱い声で泣いていたのが、とても心苦しく、ああ、可哀想なことしてるのかな~、とか凄く思っちゃいました。実家に帰っていた奥さんも同じような感じだったようで、折角の智哉さんの居ない夜でしたが、安眠するどころか、居ないことの不安の方が大きかったらしく、翌日に会った時も睡眠不足の顔をしていたのは、母親としてのサガって奴なんでしょうかね。


その後、2日目の晩は、いつも川の字で寝ているんですが、奥さんを別の部屋に寝かせて、再度チャレンジ。やはり寝る前には、大泣きでしたが、敢えて抱っこもせず、ずーっとそばで言い聞かせをして(鼻水を拭いて)、疲れて寝るのをまっていました。40~50分くらいかかりましたかね。前日と同じように、夜中から明け方に数回目が覚めて起きましたが、ちちが一生懸命「ねんねしよう!」と言っているうちに、この日は遊ばずに再入眠してくれました。


3日目以降は、奥さんと智哉さんを端っこ同士にして、ちちを真ん中にする川の字での就寝スタイルに挑戦。寝る前にしきりにははのおっぱいに縋る智哉さんに何度も「おっぱい、ないないよ」と言い聞かせを行い、やはり小1時間程度で何とかご就寝頂きました。3日もおっぱいを飲まずに経過すると、段々と寝ることについては、自分で何とかしようという状況になってくるのか、その後、連休明け頃になってくると、寝る前に絵本の読み聞かせ等をやったり、ちちが抱っこしているうちに、何とか泣かずに寝てくれるようになってくれて、ここ1日~2日では智哉さんもおっぱいにはあまり執着を示さなくなってきたようです。もう少ししないと、完全な断乳完了とは言い切れませんが、親としては、一つの大きなハードルをクリアしつつあり、ホッと一息かなぁ、というところでしょうか。


それでも奥さんは、生まれてから今まで、ずーっとあげていた授乳行為が無くなってしまったことに、逆に馴染めなかったようで、心配と併せてこの一週間、逆に寝不足が助長されてしまった様子。(苦笑)こういう時って、実は子供の方が順応が早いのかな~とか、変なところで関心してしまった次第です。夫婦揃って疲れた一週間(勿論、少しは出掛けましたしね)となりましたが、智哉さんの頑張りを見たら、これぐらいは踏ん張ってあげないとダメだよな~、と思い直したゴールデンウィークでした。

080429_1715%7E01[1].JPG
ボク、頑張ったよ!もうお兄ちゃんだよね!
nice!(3)  コメント(6)  トラックバック(0) 
共通テーマ:育児

nice! 3

コメント 6

ねぇね

トモ!ちち!はは!
よく頑張って耐えたね!
第一関門突破おめでとう☆
トモももうじき2歳だし、ははも子離れ(まだ早すぎるな)して、またトモの弟か妹におっぱいはとっといて下さいな

奮闘お疲れ様。
ってかまだまだ奮闘中かな

動く新幹線も乗ったらあっという間だもんね
もう少しお兄さんになってから、想い出に残る頃に乗りましょうね
by ねぇね (2008-05-12 00:44) 

foufou

うちも長女の断乳をゴールデンウィークに決行したのを思い出しました。
やってみると確かに疲れるけど、ちゃんと子供って分かってて、卒乳できちゃうんですよね。
ママはちょっと寂しくなりますが、それ以上に子供の成長が嬉しいひとときですよね。

by foufou (2008-05-12 16:35) 

アプロ

皆さん、nice!&コメントありがとうございます!

ねぇね>>>

確かに第一関門ですねぇ。これからもこんな事が一杯ありそうな感じです。取り敢えず、ここ数日間では、おっぱいへの執着は殆ど無くなってきたように思います。まだ、もう少し様子見は必要でしょうが。とにかく、智哉も頑張ったとは思いますが、親も確かに疲れました。

foufouさん>>>

皆さん、長期での休みじゃないと、なかなか断乳に踏み切れなかったりするんでしょうね~。やはり、奥さんだけでは難しいと思いますし、旦那さんの手伝いが大きな力になるんじゃないか、と実感した次第です。
ママは確かに寂しいみたいですよ。でもその分、最近の成長は目を見張るものがあります。こうやって一歩一歩大人になって行くんですかね~。
by アプロ (2008-05-13 18:33) 

まご

すごく緊張感あふれる文章でしたが、途中から泣けてきちゃいました。
がんばってお母さんを探す子を見ると、「なぜこんなことしてるんだろう」と辛くなってきちゃうんですよねえ。
。゜(゚´Д`゚)゜。ウァァァン

家族皆でがんばった断乳でしたね。
(とりあえず)皆様お疲れ様でした…。
by まご (2008-05-15 21:44) 

カル

そうそう、子供よりも親の忍耐力が
試されているかんじですね。
子供は意外とけろっとしてて、
ちょっと薄情なくらいだったりして・笑
まどろみ智哉さん、おにんぎょうみたいです^^
by カル (2008-05-22 01:00) 

アプロ

お返事が遅れました。nice!&コメント、ありがとうございます!

まごさん>>>

本当にけなげな感じで、何度も断念しようか、という考えが頭を過ぎりましたが、途中で止めたら、智哉さん自身の頑張りも無駄になっちゃう、と思い、何とか踏みとどまった感じです。
こういうのって、やっぱり家族皆の協力で乗り切っていかないとダメなんですねぇ。ホント、疲れましたが、良かったです。

カルさん>>>

子供は子供で辛いんでしょうが、親の方が色々な事を想像しちゃうので、より辛い感じがします。きっと、小さなアタマの中では、我々が考える以上の事が駆け巡っているんだとは思いますが、我々には分からないですもんね。
窓際の智哉さん、可愛いんですが、風呂上りにもハダカでこれをやろうとするのでちょっと困りものです。(苦笑)
by アプロ (2008-05-24 15:55) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。